現在のページ : トップページ

人身事故と睡眠

人身事故と睡眠の関係が近年研究されています。
近年はストレスや疲労を抱えており、尚且つメタボリックシンドロームのような生活習慣病も流行っています。
それらのことが原因で、睡眠時無呼吸症候群になっている方も多いです。
実はこの睡眠時無呼吸症候群は非常に危険で、運転に影響することが知られています。
運転中に眠気が襲ってくる方は、それらの病気に冒されていることがあるので、一度検査をしてもらった方が良いです。


自分がそういった病気だと知らずに毎日運転していると、人身事故を起こしてしまう可能性が高くなります。
例えば運転中に「ぼーっとしてしまう」ということや「ふと考え事をしてしまう」「単純に眠い」という経験をしたことはないでしょうか。
それらの症状は睡眠時無呼吸症候群の可能性があり、十分な休息がとれていない事による弊害かもしれません。
実際に運転中にそういった症状が出ている方は、人身事故などの交通事故を起こしてしまう可能性も高いです。


まずは、自分の運転に何か問題がないかを再確認してみましょう。
運転中に気分が落ち込む方や集中できない方、眠気が襲ってくる方や、ぼうっとしてしまう方は要注意です。
睡眠を良くとり、快適な運転をしましょう。
このサイトでは、睡眠と交通事故の関係性を説明します。
最近自分の運転がおかしいという方や、気分が安定しないという方は、何かしらの病気になっている可能性があるので、運転は控えましょう。
どうしても運転しなければならない場合は、病院に行きましょう。